健康生活の基本 生活習慣病にならないために

健康生活の基本 生活習慣病にならないために

生活習慣病予防する健康的な生活

健康生活の基本 生活習慣病にならないために
生活習慣病とは喫煙・飲酒・食生活・運動などの日常生活における習慣が原因となって起きる糖尿病・メタボリックシンドローム・高血圧などの諸疾病のことです。

かつては心臓病・脳卒中・がんが「三大成人病」と呼ばれていたように、加齢とともに発症のリスクが高まると思われていました。
しかし食事の洋風化など生活習慣の大きな変化により、大人のみならず成人前の子供も、人間のみならずペットも発症するようになりました。
このため呼称が見直され、加齢が必ずしも発症の原因ではなく普段の生活習慣を改めることによって予防可能であるという認識を広めるために「生活習慣病」と改められました。
現在ではこの呼称も生活習慣を見直す重要性も世間に定着しています。

しかし日本においては今だに生活習慣病が死因の上位を占めています。
頭ではリスクを理解していたも、長年の習慣を改めるのは難しい事なのです。

ましてや特に実感できる症状が現れていなければ危機感も薄く、発症した時には手遅れという事態も有り得るのです。

厚生労働省でも生活習慣病の予防のためにいろいろな取り組みを行なっています。
生活習慣病の患者が減れば健康保険が負担している医療費も減らすことができます。
習慣は自分の意思だけではなかなか変えられないので、定期的に検診を受けるのも良いでしょう。医者からデータを示されてリスクを指摘されれば真剣に取り組む切っ掛けになるかもしれません。そしてストレスを溜めないことも重要です。

注目リンク