健康生活の基本 生活習慣病にならないために

健康生活の基本 生活習慣病にならないために

不健康な習慣が作る生活習慣病のひとつ糖尿病について

健康生活の基本 生活習慣病にならないために
生活習慣病は、病気そのものの名称ではなく、日々の不健康な習慣の積み重ねが発症の原因と関与していることが考えられる病気の総称になります。
生活習慣病と呼ばれるものの中には、さまざまな病気がありますが、その中でも糖尿病は、生活習慣病の代表的なものとも言え、自覚症状がないままに、他の疾患を呼び起こすサイレントキラーともよばれています。
糖尿病とは、インスリンの作用不足などによって血糖値が異常であることです。

この血糖値が高いままだと、糖尿病性神経障害、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症や昏睡、感染症などの合併症を引き起こします。
糖尿病には、1型と2型糖尿病に分かれます。
1型の場合は、インスリンを作る膵臓のベータ細胞が破壊されて、インスリンが足りなくなる症状のことを言います。
この1型は子供のうちに始まることが多いです。

そして2型は日本の糖尿病の95パーセントを占めるタイプとなり、原因はインスリンの出る量が少なくなることで起きます。
これは、インスリンの働きが鈍く作用を感じにくくなり、ブドウ糖を上手に取り込めずに起こります。
生活習慣によって引き起こされている場合が多いのは2型になります。

糖尿病の全国の統計は、平成19年度の調査で、糖尿病が強く疑われるひとは890万人、可能性を否定できない人は1320万人と増加をたどる一方です。

しかも、この糖尿病を疑われている人の約4割はほとんど治療を受けたことがないとも言われています。
健康を維持するためには、方法を考えることも必要ですし、特に生活習慣病は、日々の習慣の見直しで予防に役立てていくことが出来ます。

注目リンク